ビジネスをするなら

みなさんはビジネスの街という言葉に、どこの街を想像するでしょうか?
ニューヨークのウォール街か、はたまた東京か。いろいろあると思いますが、ビジネスの街と聞いて私がまず想像するのは香港です。

香港企業は世界でも非常に注目されていますし、香港企業の成長はめざましいものがあります。
というのも、香港という街そのものが、ビジネスにはうってつけの街だからなんです。
香港は、世界でも有数のビジネス特区です。
香港の経済政策として、経済の自由発展のために政府の介入を最小限に抑えて、香港企業の発展を推進し、自由な経済活動を後押ししているんです。
そのような背景があっての香港企業のめざましい発展が可能になっているんです。

このような街ですから、会社設立を考えている日本のビジネスマンにも人気です。
香港で会社設立するメリットはたくさんあります。
日本国内で会社設立するよりも、香港で会社設立したほうがいい面がたくさんあるのです。

このサイトでは香港でビジネスをするメリットについてご紹介したいと思います。

まずひとつのメリットは、香港は非常に税率が低いという点です。
タックスヘブンとも言われているように、法人でも個人でも累進課税制度がなく、税率も低いので儲けを出しやすいのです。
また、巨大な中国市場へ進出しやすいという点も大きなメリットです。
街自体にも非常に活気があり、ビジネスをするにはとても良い街なんですよ。

外部おすすめリンク

Pマーク取得コンサル業者探しは@業者選びガイド
e-与信ナビで目標利益率の与信判断をしましょう| リスクモンスター